来店/来場を促進するために景品を利用する際に、こんなことで悩んでいませんか?

  • イベント当日の運用オペレーションが大変・・
  • 事前に参加人数が把握できないので、多めに用意しており無駄なコストが発生している・・
  • 来店/来場キャンペーンの効果測定が難しい・・

景品にかかる管理コストを0にすることも

近年、私たちgifteeは、eGiftを来店・来場の促進目的で活用したいという企業様からのお問合せを頂くことが多くなっています。その際、企業のマーケティングご担当者様より寄せられる声には下記のようなものがあります。

eGiftを活用した来店・来場促進の仕組みとは?

私たちgifteeでは法人向けeGiftサービス「giftee for Business」を開始しております。全国のコンビニエンスストアやカフェチェーンなどの店頭で引き換え可能なデジタルギフトチケットを発行するサービスです。このサービスと、gifteeが提供する電子スタンプサービス「gifteeスタンプ(※)」を組み合わせることで、効率的な来店・来場促進を実現します。

このサービスが実際にどのようなシーンで活用されているのか、具体的な例から見てみましょう。

※スマートフォンのWEBページ画面上に押すだけでデジタルチケットを認証できる、手軽で新しい販促ツールです。

電池不要、アプリ不要で、画面に押すだけで簡単なため、多くのキャンペーンで利用されはじめています。

【活用例】eGift × CRMツール。各KPI毎にインセンティブを付与

某大手転職支援サービスでの活用事例をご紹介します。

転職フェアイベントでは、来場者全員へ商品券のプレゼントキャンペーンを実施しているところが多くあります。大規模なイベントになればなるほど、会場内で大きな金額の在庫を管理する必要が生じる一方、金券であるが故にアルバイトには任せることができず大きな手間とリスクが存在しています。

その課題を解消するために、弊社の「giftee for Business」×「gifteeスタンプ」の仕組みを導入頂きました。具体的な仕組みは次のようになります。

イベント開催前にユーザーがWEBで「来場申込み」をすると、デジタルギフトチケットURLが記載された登録完了メールが送られます。しかし、その時点ではまだ使えず、当日ユーザーが来場した際に、スマートフォンを提示し「gifteeスタンプ」での認証を受けることで、はじめてアクティブ化されるのです。つまり、来場した人のみが「コンビニで使えるデジタルギフトチケット」を入手できます。

来場しないとインセンティブ景品の受け取りができないので、来店してもらいやすい仕組みとなっています。

また、このサービスを利用した企業様から支払い頂く代金は、実際に「gifteeスタンプ」で認証しアクティブ化した件数をベースにするため、必要以上の景品費用がかからない形にもなっています。

今回eGiftを利用したことで、「景品の管理作業を不要」でき、また、確実に来場分だけお支払いなので「景品の総額も必要分のみに抑える」ことが達成できました。

不動産業界や保険業界などでも実施。様々なシーンでO2Oを実現!

上記以外にも、「giftee for Business」を活用した来店・来場施策は数多く事例があります。

例えば、不動産。不動産業界では、できるだけ多くの人に住宅展示場へ足を運んでもらい、顧客との接点をもつことが至上命題です。住宅展示場に来た人だけが使えるようになるデジタルギフトチケットをメールやチラシなどで配布することにより、来場促進を実現させました。

この他にも、保険会社の相談窓口への来店促進や、自動車ディーラーが顧客と接点を持ち続けるための来店促進など、様々な来店・来場促進へご活用いただいています。

新しいO2O施策としての、eGiftと電子スタンプ。これからも、多くの課題を解決するために、今後も活躍の幅は広がっていくでしょう。

電池不要、アプリ不要で、画面に押すだけで簡単なため、多くのキャンペーンで利用されはじめています。

より詳しい資料をご覧になりたい方はこちらからご連絡ください。

資料請求

詳しい資料をご覧になりたい方は、こちらからお申し込みください。入力頂いたメールアドレスに資料を送らせて頂きます。