Twitterキャンペーンの設計・運用方法をまとめて解説





Twitterキャンペーンは、BtoCやBtoB問わず、様々な企業のマーケティングや販売促進を目的として実施されています。その中には、目的やターゲットといった設計部分が曖昧となっていたり、やり方がわからず手探りで始めてしまい、「全然フォローされない」「ツイートされるけど、クリックされない」など成果を得られずに終わってしまうものが多く見受けられます。

これから実施するキャンペーンで失敗しないためにも、Twitterキャンペーンの設計方法や運用時のポイントについてご紹介します。

この記事のポイント

この記事のポイント

  • 設計に重要なのは目的、ターゲット、KPI
  • 運用方法はツールを導入して効率化

設計に重要なのは目的、ターゲット、KPI

Twitterのタイムラインを見ると、目まぐるしい量の情報が日々飛び交っています。他のSNSと比較した際にTwitterの特徴は、「ツイートがリアルタイムで即時シェアされる拡散性」があげられます。そのため、企業が自社のアカウントからツイートすると多くのユーザーにメッセージを届けることができます。一方で、他の企業にも同じことが言えるため、大量のツイートがターゲットのタイムランを埋め尽くし、自社が発信したメッセージが届けたい人に届かず、届いていたとしても見られないことも意味します。そこで重要になってくるのがキャンペーンの設計です。まずは下記の項目を決めましょう。

Twitterキャンペーンの設計に必要な項目

01

目的

キャンペーンを通じて目指すべき目的を決めましょう。中には「拡散させるためだ!」と定める企業もいますが、もう一歩踏み込み、その先にある「商品を多くの人に知ってほしい」「サイトに訪れてほしい」といったところまで落とし込みましょう。

02

ターゲット

情報を届けたいターゲットを定めましょう。明確に設定することで、コミュニケーションフローや投稿するコンテンツの品質が向上します。
例えば、商品の告知をする際に、ターゲット層を「20〜40代」だけでなく「20代の主婦」まで絞り込みましょう。すると、「ターゲットは子育ての情報に感度が高く、家事が一段落した21時ごろにTwitterを開くことが予想されるため、自社の商品を子育てに役立つ切り口で紹介して配信しよう」と設計できます。

03

KPI

Key Performance Indicatorの略称で、重要業績評価指標を意味します。キャンペーンをゴールまで導くために評価していく数値です。
例えば、ターゲットがどれだけツイートに接触しているか、つまり認知してもらっているかを計測する場合は、RT(リツイート数)、いいね数といった数値をみていきます。また、接触しただけでなく、ユーザーとのエンゲージメントを計測する場合の指標としてフォロワー数をみていきます。目的にあった数値を設定することが重要です。

運用方法はツールを導入して効率化

Twitterキャンペーンの代表的な例として「このツイートをRTしてくれた人の中から抽選で〇〇名様に〇〇をプレゼント」という企画があります。特定のツイートをRTしたユーザーが抽選に参加でき、当選したら指定の賞品がもらえるというものです。こちらの企画を運用する場合、もしすべて人の手でやろうとした場合、下記の作業が発生します。

・RTしたユーザーのアカウントをリスト化
・リストからランダムで当選を選定
・当選者にDM(ダイレクトメール)をしてプレゼントの送付先を聞く
・送付数分の賞品の購入し、送付の手配

当選してから日数が経つにつれてユーザーの関心度が下がっていくので、送付までのスピードが重要となってきます。さらに、当選者が1,000名を超える規模にもなれば、多くの人的コストが発生してしまいます。そこで、ポイントになってくるのが自動化です。方法としては、自社開発、外部のサービスを利用する二つがあります。長期的に実施していく場合は、全てのシステムを自社で開発することも視野に入りますが、短中期で見直しが入るのであれば、外部サービスの導入することも一つの選択です。サービスの中には、抽選からギフトの手配、送付まで一気通貫で実施できるものもあります。

ぜひ上記をふまえて、キャンペーンの準備に備えてみてください。

【無料公開中】Twitterキャンペーン設計ガイド
【無料公開中】Twitterキャンペーン設計ガイド

twitterキャンペーンを実施するためのポイントや企画方法をホワイトペーパーにおまとめしました。Twitterを利用する強みと基礎知識を身につけましょう。

もっと詳しく知りたい

すぐに詳細資料をお送りさせて頂きます。

案件の相談をしたい

デジタルギフトの活用方法など詳しくご提案させて頂きます。