LINEインスタントウィンで押さえるべき3つのポイントをまとめて解説!





LINEを利用したキャンペーンは多くの企業で実施されており、中でもLINEインスタントウィンは有効な方法の一つです。LINEインスタントウィンとは、LINEで友だち登録してもらうと、その場でプレゼントがもらえる仕組みです。この記事では実施に向けて目的の定め方や仕組みなど、実施するためのポイントをご紹介いたします。

この記事のポイント

この記事のポイント

  • 友だち登録させる目的を明確にしよう
  • ツールを使うと運用やデータの取得方法が効率化
  • 賞品はユーザーのインサイトを踏まえて設定

友だち登録させる目的を明確にしよう

LINEはTwitterなどのSNSと違い、一度友だちになるとメッセージ機能で個別のコミュニケーションがとれるようになるため、友だちを増やせるインスタントウィンの仕組みが色々な企業で活用されています。ただ、単に友だちになり、ひたすらメッセージやスタンプなどを送ってもすぐにブロックされてしまいます。ブロックを防止するためには、集めたいユーザーを明確にし、友だち登録後にどういったコミュニケーションを通じてお互いの関係を深めるか、考えておく必要があります。そのため、実施前にかならず目的を定めることが重要です。

ツールを使うと運用やデータの取得方法が効率化

LINEキャンペーンでは取得したデータを活用して友だち登録してもらったユーザーと継続してコミュニケーションをとる必要があります。そこで、いかに効率よくデータを取得できるかが鍵となってきます。例えば、抽選コンテンツを自社開発してメッセージ機能を通じてユーザーに届けても、利用されたタイミングや回数がわからなければ、抽選コンテンツの接触率といった中間KPIが計測できず、施策の改善ができません。

また、当選者1,000名を超えるような抽選プレゼントキャンペーンを手動でおこなった場合、プレゼントの手配から、当選者の選定、LINEメッセージで当選連絡とプレゼント送付先の住所確認、発送、といった作業が発生してしまいます。

これらの作業をミスなく、スムーズにおこなうためには自動化することが有効であり、そのためにはツールやシステムが重要です。システムを導入すると、抽選コンテンツを手軽に作成でき、当選者管理が可能。ツールによってはLINE IDと紐づけてユーザーがコンテンツに接触してきた際にデータを取得することができます。さらにデジタルギフトと連携することで、友だち登録がされたタイミングでギフトを渡すことができます。

賞品はユーザーのインサイトを踏まえて設定

これまで当選数が多いキャンペーンでは、複数の商品を用意するだけで多くの人的コストが発生してしまい、ユーザーごとにプレゼントを用意することが難しい状況でした。この課題に対して、ツールやシステムを導入することで運用コストが削減され、さらにLINEではユーザーのターゲティングが精密にできることから、ユーザーごとに合わせたコミュニケーションが可能となります。そのため、LINEインスタントウィンを通じてプレゼントを贈る場合、ユーザーの趣向に合わせた“本当にほしい”商品を渡すことができます。ただ、渡す際に「ユーザーがもらって利用できるプレゼントかどうか」という点を注意する必要があります。

例えば、全国規模で実施したキャンペーンで場合、首都圏でした店舗をもたないレストランの商品券を渡しても、地方のユーザーは交換ができません。 そのため、

そのため、単に趣味趣向があうものではなく、ユーザーが受け取れるかどうか、という点を考慮して選定してください。

LINEインスタントウィンはデータの利活用や取得方法によって、さまざまな形で実施できます。ぜひ自社の目的にあった形を探してみてください。

【無料公開中】LINEキャンペーン設計ガイド
【無料公開中】LINEキャンペーン設計ガイド

LINEキャンペーンを実施するためのポイントや企画方法をホワイトペーパーにおまとめしました。ぜひ一度お手元でご確認ください。

もっと詳しく知りたい

すぐに詳細資料をお送りさせて頂きます。

案件の相談をしたい

デジタルギフトの活用方法など詳しくご提案させて頂きます。