株式会社i-plug様|アクティブ率の向上を狙ったメールマーケティングにおけるギフト活用

株式会社i-plug様では、企業から学生に直接オファーできるダイレクトリクルーティングサービス『OfferBox』を運営しています。より多くのユーザーに価値を実感いただくためには、学生がサービスを頻繁に利用し、企業と学生のコミュニケーションがとりやすい環境を整備することが重要です。学生のアクティブ率向上のために行うさまざまな施策の一つとして、学生に向けてギフトを活用したリテンション施策を実施しました。

キャンペーンの目的

  • ユーザー(学生)のロイヤリティの向上

キャンペーンフロー

ユーザーの中から施策の対象者を選定し、メールを通じて個別にギフトを発行できるURLを送付します。受け取ったユーザーはURLをクリックすることで抽選が行われ、当選したユーザーはギフトを受け取ることができます。

ギフトを活用してユーザーを『OfferBox』サイトへ再訪させるだけではなく、ギフトの発行者を追跡して個別でフォローメールを送付。ユーザーとコミュニケーションしていくきっかけ作りとしての役割も兼ねています。

①対象者にメール配信

②抽選

③当選画面

giftee for Businessの活用ポイント

リアルタイム発行で、配布や在庫管理の手間なし

URLを押した先でギフトが発行されるため、事前に発行見込数を試算、在庫が足りなくなることを見込んで多めに発注、などの必要はありません。リアルタイムに付与することでユーザー体験の向上にもつながります。

作業はURLを記載したメール配布だけ

抽選からギフト配布の部分はすべてURLの先で対応されるため、作業はメールにギフトのURLを差し入れるだけとなります。その他設定は特に必要なく、普段のメールを配信する流れから運用負荷をほとんど変えずに施策を実施することができます。

魅力的な賞品の提供

全国のユーザーが対象となるサービスに対応できる、コンビニエンスストアや全国展開ブランド、オンラインサービスの商品500種類以上をご用意しており、ターゲットに合った商品をお選びいただくことができます。

キャンペーンの結果

  • ギフトの郵送にかかる工数を大幅に削減

デジタルギフトを導入したことで、既存の運用で発生していた賞品郵送の事務作業を最小限に。費用と業務削減から当選者を増やせたことで、従来より多くのユーザーへ還元ができるようになった。

もっと詳しく知りたい

すぐに詳細資料をお送りさせて頂きます。

案件の相談をしたい

デジタルギフトの活用方法など詳しくご提案させて頂きます。

導入事例

株式会社Jリスクマネージメント様|学資保険の資料請求促進キャンペーン
サイトから申込後、電話での確認が終わったユーザーにデジタルギフトをプレゼント
株式会社 スクウェア・エニックス様|マンガ試読Twitterキャンペーン
複数のコンテンツに触れてもらい、アンケートで読者情報を“その場“で収集する施策
株式会社i-plug様|アクティブ率の向上を狙ったメールマーケティングにおけるギフト活用
ユーザーにサプライズでギフトをプレゼントするリテンション施策